新潟市秋葉区の五十嵐歯科クリニック

  • 新潟市秋葉区新津本町1-3-23
  • TEL:0250-25-2000
  • Mail:akira3@plum.ocn.ne.jp

もしも歯を失ってしまったら

  1. HOME
  2. > もしも歯を失ってしまったら

例えばの話・・・です

「あなたの歯が1本抜けた」とします。

例えばの話・・・です

あなたはどんな治療法を選ばれますか?
一般的には、両隣の歯を使ってブリッジを入れる事を選択する人が多いと思います。しかし、ブリッジにも長所と短所があります。場合によっては、ブリッジを選択しない方がよい場合もあります。当院では、その患者さんの希望を最大限に受け入れながら、それ以外の選択肢(インプラントや部分入れ歯)を説明して、ベストな治療法を選択していただきたいと思っています。

患者様一人一人にふさわしい補綴(ほてつ)方法があります

補綴のフローチャート

▼補綴(ほてつ)方法別のメリット・デメリット

補綴(ほてつ)方法別のメリット・デメリットについて

インプラントのメリット・デメリットについて

「インプラントのメリット」
安定した噛み合わせを長期間維持することが可能
失った歯の数が多くても噛み合わせの力(咀嚼能力)の回復が可能
自分の歯と同じような見た目と感覚を回復することが可能
他の健康な歯を傷つける必要がなく他の歯に負担もかからない
適切なケアにより長期間、外観・機能を維持できる
「インプラントのデメリット」
治療期間が比較的長期(3ヶ月~6ヶ月程度)
手術を行うので少数だが適応とならないケースもある
ブラッシングなど家庭内や医院での定期メンテナンスが必要
健康保険が適用できず自由診療となるため、比較的費用がかかる

ブリッジのメリット・デメリットについて

ブリッジのメリット・デメリットについて

「ブリッジのメリット」
固定式なので違和感は少ない
噛み合わせを回復することができる
自分の歯と同じように咀嚼することができる(咀嚼力は天然の歯の60%程度)
健康保険が適用される(保険外でセラミックなどの素材を選択することにより天然の歯に近い審美的な修復も可能)
「ブリッジのデメリット」
対象となる位置の両側にしっかりとした歯がないとブリッジにできない
失った歯の本数が多いとブリッジにできない
健康な歯であっても土台となる両隣の歯を削らなければならない
土台となる歯に噛む力が余計にかかる上、清掃性が悪くなるため、将来的にその歯を失う要因になる場合がある
虫歯になった時の再治療の際はブリッジをやり直す必要がある

部分入れ歯のメリット・デメリットについて

部分入れ歯のメリット・デメリットについて

「部分入れ歯のメリット」
短期間で咀嚼機能回復が可能
支えとなる歯をほとんど削る必要がない
健康保険が適用される(金属床やバネがない入れ歯などは保険適用外となる)
「部分入れ歯のデメリット」
入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすい
変化する口内環境に合わせるため、数年ごとに作り変えか調整が必要
適切な噛み合わせであっても長期間同じ噛み合わせを維持することが困難
装着時の違和感を感じやすい
バネをかけた歯に負担がかかり、将来的にその歯を失う可能性がある
食べ物が入れ歯にまとわりつくので、不衛生になりやすい
毎食後入れ歯を外しての清掃を必要とする
入れ歯をいれる部位によっては、しゃべりづらい
バネ(金具)が見えてしまい、自然な歯の外観を維持しにくい

ページトップへ